ニュース一覧

信頼できる業者

男の人

取り付けは業者に依頼する

テレビを見るためには、テレビ本体を設置するだけでは不十分で、テレビアンテナと宅内の配線があってはじめてテレビをみることができます。また衛星放送を見るためにはBSやCS用のパラボラアンテナを立てなければみることができませんし、地デジ用のアンテナを立てなければ地上デジタル放送を見ることはできません。テレビアンテナはただ屋根の上に立てさえいればよいわけではなく、正しいアンテナを選んで、正しい方向にしっかりと設置する必要があります。住んでいる場所の電波の受信状況にあわせてアンテナの素子数を選ぶようにしましょう。電波状況の良い場所であれば、小型のものや屋内に設置する平面アンテナを使っても鮮明な画像を見ることができます。一方、ビルの影や中継局と家の間に山があるような場合には素子数の大きいものが必要になります。アンテナの方向は中継局または放送局に向かってまっすぐに取り付けなければノイズの多い画像となってしまいます。周りの住宅のアンテナの方向を見ながら、自分でとりつけることも可能ですが、高い所での作業は危険が伴うため業者に工事を依頼して下さい。また、しっかりと設置しなければ強風が吹いた時に傾いてテレビが受信できなくなるだけでなく、落下して人にケガをさせたり、隣家の設備を傷つけてしまい責任問題が発生します。アンテナを設置してもらうときには、もし宅内の配線が古いフィーダー線になっているのであれば、信号ロスの少ない同軸ケーブルに交換することも考慮するようにしてください。

Copyright© 2018 専用アンテナで放送を快適に視聴する!【適切な角度で取り付ける必要】 All Rights Reserved.