ニュース一覧

どの家庭でも必要な備え

作業員

見た目の金額では決めない

住宅を新築してテレビを見ようと思ったけれども、アンテナが立っていなくてみられなかったという話を聞くことがあります。事前にテレビが見られる環境になっているかどうかを確認しておくようにしましょう。テレビが見られない場合でも、アンテナはないけれども住宅内のケーブル配線は終わっている場合もあれば、ケーブル配線がない場合があります。どちらの場合か確認しておいてから業者にアンテナ工事を依頼するようにしましょう。住宅内のケーブル配線がないときには、どの部屋のどの壁に端子を付けるかを決めるようにしてください。工事をしてもらう内容が決まったら、次にアンテナ工事をしてもらう業者を決めることになります。工事料金は少しでも安くしたいということで安く工事をしてもらう業者を選ぶことは問題ありません。見積もり額を安くするには、複数の業者に見積もり依頼を出して、相見積もりをするとよいでしょう。単純に見た目の料金が安いからと最初からその業者に作業を依頼してしまうと、追加料金が多くなって結果的に他の業者の方が安くなったということは少なくありません。安価な工事を行うと表示しているところにも必ず見積もり依頼を出すようにしてください。業者の中には口頭で言ってくることがありますが、必ず書面で受け取るようにして、部材や工事費といった内訳が入っていることを確認して、当日追加料金が発生しないように部材一つ一つまで確認しておいた方がよいでしょう。

Copyright© 2018 専用アンテナで放送を快適に視聴する!【適切な角度で取り付ける必要】 All Rights Reserved.